Nexus 9
PS4
Intuos Pro
Core i7-4790K
ページの先頭へ
トップに戻る
2012年10月18日 Web系ニュース・Tips

他人のツイートを無断でパクってお金を稼ぐ「1000favs」というアカウントについて


無断転載アカウントの紹介。
Twitterを利用している人なら、一度はこのアカウントを見たことがあるでしょう。 このアカウントは1000人以上がふぁぼった(お気に入り登録した)ツイートを収集してツイートしています。
…となると、必然的に1000回お気に入り登録されるような「面白いこと」や「為になること」しかつぶやかなくなるので、フォロワーは増え続け、現在37万人を突破しています。

こう書くと「別にいいんじゃないの」って感じですが、よーく観察すると結構エグいことをしています。

無断転載

例えばこのツイート。

公式RTではないので、このツイートは1000favsのツイートという扱いになります。
末尾にユーザー名も記載されていますが、メンションを表す「@」が付いていないので、パクられた本人には伝わりません。

結果1000favsのパクったツイートが37万人のフォロワーに広まり、RTを稼いでどんどんフォロワーが増加していきます。
わざわざユーザー名で検索して元ツイートを見に行く人なんていないので、パクられた側としては「美味しいところを全部持ってかれた」気分。

こいつ稼いでやがる

1000favsは定期的に【PR】と書かれたツイートをしています。これです。

URLを見てみると「twpss.jp」となっていますね。これ、広告です。
詳細は下に。

他人のツイートをパクって金稼ぎです。1000favsレベルのフォロワー数になると、一回広告をツイートするだけでそれなりの額を稼げるでしょう。
羨ましいね!

あれ、これって…

気付いた人も多いと思いますが、この「他人の発言で金を儲ける」という図式は…

「2ちゃんまとめブログ」とそっくりです。

2ちゃんねるユーザーは「まとめブログ」を嫌っていますが、Twitterユーザーは「無断転載アカウント」に対して嫌悪感を持っていないように感じます。なぜ?

面白いツイート、有益なツイートを見たいときには確かに1000favsのようなアカウントが便利ですが、転載された側は不快ということを、頭の隅に入れておいてください。
関連するかもしれない記事