Nexus 9
PS4
Intuos Pro
Core i7-4790K
ページの先頭へ
トップに戻る
2013年4月5日 Webサービス紹介

フォントを自由に変換できるオンラインサービス『Free Font Converter』


ffc使い所は限られますが…
『Free Font Converter』は、フォントの形式を自由に変換することができるオンラインサービスです。対応フォーマットは以下の通りで、かなりの種類が揃っています。

対応フォーマット

  • ttf (TrueType)
  • otf (OpenType)
  • svg (Scalable Vector Graphics)
  • pfa (PostScript)
  • pfb (PostScript type 1)
  • bin (Mac PostScript (pfb) resource in a Mac binary wrapper)
  • mm.pfa (PostScript)
  • mm.pfb (PostScript type 1)
  • pt3 (PostScript type 3)
  • ps (PostScript type 0)
  • t42 (PostScript type 42)
  • cid.t42 (type 42 cid font)
  • cid (non-otf cid font)
  • cff (bare cff font)
  • cid.cff (bare cff cid-keyed font)
  • sym.ttf (TrueType file with a symbol (custom) encoding)
  • ttf.bin (Mac TrueType resource in a Mac binary wrapper)
  • dfont (Mac TrueType resource in a dfont file)
  • otf.dfont (Mac OpenType resource in a dfont file)

このサイトを使えば、Macでしか開けなかったフォントファイルをWindowsで使えるように変換したり、その逆の事をしたり出来るわけです。

ただしフォントも著作物なので、ライセンスには気を付けましょう。

例えばMacにデフォルトでインストールされている『Futura』等のフォントを、勝手にttfに変換してWindowsで使用したりするとアウトです

ライセンスについては各自で調べ、正しく利用しましょう。
関連するかもしれない記事